教育委員会委員長からのメッセージ

%e7%8f%be%e4%bb%bb%e6%95%99%e8%82%b2%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e5%a7%94%e5%93%a1%e9%95%b7%e3%80%80%e7%89%87%e5%b1%b1_01看護現任教育委員会委員長
片山 桃子

宮川病院看護部は、専門職としての誇りと品性を備え、責任ある行動をとり、かつ地域に信頼される人作りを目指しています。

全看護職員を対象に、クリニカルラダーシステムを導入し、ラダーと連携した段階別教育プログラムに沿った人材育成に取り組んでいます。新人看護職員は安全な看護技術と専門知識の習得・アセスメント能力の育成に加え、老人体験や多重課題などの演習を多く取り入れ体感し、「感じて、気付く」ことで看護師としての感性を磨き、看護実践につなげられるよう1年をかけてじっくりと関わっています。また、実践現場においても、「共に学び、共に成長する共育」をモットーに、スタッフ全員で育てる体制で、新人看護師はもちろん教育に携わる看護師個々の個性や能力に合わせた指導・支援を行っています。

中途採用者についてはメンター(相談者)が決められ、意見や相談がしやすい環境を整えおり、個々に異なる職務歴や経験年数、様々な条件・状況で働くスタッフが無理なく学ぶことができ、ステップアップできるよう教育プログラムの企画・実施をしています。

中規模病院だからこそできる、一人一人の個性を大切にした関わりと互いに成長し合える環境がここにはあります。

地域密着型の病院、地域医療における看護師としての役割、また、チーム医療の中での看護師の役割を考え、幅広い視野や豊かな感性を育み、患者・家族、チームメンバーに信頼される、優しさと思いやりの調和した看護師がここでは育っています。

看護部教育システム

  1. ガイドラインに沿った新人看護師教育プログラムを企画・実施する
  2. 教育活動を通して、人を育てる=共に育つを実現する
  3. クリニカルラダーに連動した教育プログラムの企画・実施を行う

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%e3%88%b9_01Ⅰ. 教育基準

1.教育理念

当院職員としての誇りと品性を備え、責任ある行動をとり、かつ地域に信頼される人づくりを目指す

2. 教育目的

看護専門職者として、必要な知識・技術・態度の向上を促し、主体的に質の高い看護ケアを提供できる人材育成をする

3.教育目標

  1. 患者の個々のニーズを的確に捉え、やさしさと思いやりの調和した看護が提供できる人を育成する
  2. 看護倫理原則に基づき、安全・安心な臨床実践能力を育成する
  3. コミュニケーションスキルとリーダーシップ能力を育成する
  4. 役割モデルを担えるよう、自己の能力開発・研究能力・教育力を育成する

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%e3%88%be_01Ⅱ.教育活動

現任教育委員が、看護部の理念に基づく教育目標の浸透を図るため、集合教育の企画・実施・評価と現場教育の協働・支援を行う。
一人一人の看護師に、「成長のものさし帳」をもって人材育成教育を行う。

1.新人看護師教育とプリセプターシップ

  1. 新人看護師(プリセプティ)1人に、先輩看護師(プリセプター)1人担当をつけ、勤務が一緒の際は、指導者となり、主に新人看護師の精神的支援や困った時の相談役となる(1年間)
  2. 各セクションに教育担当者を1~2名配置。教育担当者は、主にプリセプターの精神的支援者となり、プリセプターの負担をチーム内へ分散させ、チーム全体で新人看護師を育成できるよう指示していく。また新人看護師教育の進行状況の把握や集合教育と現場教育の連動を図りながら役割を担う
  3. 専門職者としての技術・知識・態度の育成は、職場スタッフ全員(チームメンバー)が行う
  4. 成長過程の振り返りや成果と今後の課題について話し合いを行う。 師長(もしくは主任)・教育担当者・プリセプター・プリセプティーで行う(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月)
  5. プリセプター・プリセプティ評価は、6・9・12・3月に実施
  6. 入職後3ヶ月は、プリセプター強化月間とし、プリセプターシップ計画書に沿って実施する
  7. ポートフォリオを用いて自己成長を促し、個々の目標達成を図る
    「日々の成長シート」「看護場面シート」を勤務毎に記載
  8. ポートフォリオは、1か月・3か月・6カ月・12か月で凝縮ポートフォリオにまとめる

2.中途採用看護師

  1. 中途採用者採用者入職時育成計画書に基づき、3カ月間のフォローアップ面接を実施。部署責任者(師長等)と面接を行いながら、一緒に行動計画を立てます。
  2. その人のレディネス把握を行い、病棟オリエンテーション内容や受け持ち・メンターの有無を決定します。
  3. 受け持ちの患者の割り当て、配置に無理がないか必ず師長・主任がチェックし、調整を行います。

【オリエンテーション】
1日目 : 看護部オリエンテーション(Off-JT)
2日目 : 部署オリエンテーション(OJT)
3日目 : 受け持ち開始

3.院内教育

1)新人教育について
ひよこ研修 :基本的な臨床実践能力を獲得する
・入職時オリエンテーションから一年間を通して新人教育計画を設定している
・毎月1回第木曜日に、一日のひよこ研修の日を設けて、集合研修を実施している
・プリセプターシップを導入し1年間の関わりを持っている

2)集合教育
①必須研修
各ラダーレベルにおける必須とされている研修

②ライセンス講習会
BLS ACLS (呼吸器)

③スキルアップ研修
院内看護教育で臨床看護実戦能力に必要な基礎力をつける研修。各認定看護師が中心となり実施

④テーマ別研修
看護スタッフのニーズに合わせ、テーマを決め企画・実施(認知症看護、がん看護など)

⑤伝達講習会
院外研修(講習)参加者の中から自薦又は選出し、院外研修の内容や学びを報告(年2回)

⑥看護管理者研修
看護管理者のマネジメントに関わる研修

⑦各委員会主催教育
安全委員会 感染委員会 褥瘡委員会 災害委員会 など

⑧病院主催講演会 学習会
医療安全 院内感染防止 接遇 倫理 など

3)看護単位教育
①看護単位学習会
OJT学習会 各看護単位においての専門的分野の知識・技術の向上及び臨床看護実践能力の向上を図る

②自己学習

4)看護研究
①外部講師による指導

②対象者 実務経験3~4年目以上

③各セクションで看護研究1例まとめ、年1回発表会を開催する

④川崎市看護協会及びその他学会発表への参画を目標とし、看護研究活動を支援する

5)その他
①e-ラーニング
看護必要度 看護管理 安全管理 感染管理 看護技術 看護補助者技術

②人材育成のために必要なその他の研修に関しては、看護部・師長会において審議し、必要な部署に教育を依頼する

4.看護研究・事例研究の支援活動

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%99%ba%e8%a1%a8_01
%e7%b7%a9%e5%92%8c%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%99%ba%e8%a1%a8_01
  1. 看護実践において、研究的視点をもって問題を見つけられるよう指導する
  2. 看護研究活動が年間を通じて、計画的かつ主体的に取り組めるよう支援・助言を行う
  3. 卒後5年目の看護師が、自己の看護の振り返りを行い、事例研究にまとめ発表をする
  4. 各セクションで看護研究1例まとめ、年1回発表会を開催する
  5. 川崎市看護協会及びその他学会発表への参画を目標とし、看護研究活動を支援する

5.インターンシップ

看護学生を対象に、インターンシップ(就業体験)を実施しています。看護現場に実際に入り、看護師の業務や職場の雰囲気を身近に感じることで。就職に向けての心準備や看護師として働く心構えができる良い機会となります,

1)実施期間
毎年7~8月に開催
 
2)対象者
看護学生又は看護師養成機関卒業生

新人研修の模様

宮川病院 看護部 新人研修の模様です。主に体験学習をおこなっています。

オリエンテーション

a%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%92_01-jpg

患者体験

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae_%e6%82%a3%e8%80%85%e4%bd%93%e9%a8%93%ef%bc%91_01%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae_%e6%82%a3%e8%80%85%e4%bd%93%e9%a8%93%ef%bc%92_01

採血・静脈注射研修

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%e6%8e%a1%e8%a1%80%e3%83%bb%e9%9d%99%e8%84%88%e6%b3%a8%e5%b0%84%e7%a0%94%e4%bf%ae_02%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%e6%8e%a1%e8%a1%80%e3%83%bb%e9%9d%99%e8%84%88%e6%b3%a8%e5%b0%84%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%92_01

フィジカル研修

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae_%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab%e7%a0%94%e4%bf%ae_01

患者移送研修

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%e6%82%a3%e8%80%85%e7%a7%bb%e9%80%81%e7%a0%94%e4%bf%ae_01

特浴介助研修

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%e7%89%b9%e6%b5%b4%e4%bb%8b%e5%8a%a9%e7%a0%94%e4%bf%ae_01

BLS研修

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%ef%bd%82%ef%bd%8c%ef%bd%93%e7%a0%94%e4%bf%ae_01

ポートフォリオ発表会

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae_%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%82%aa%e7%99%ba%e7%a0%b2%e4%bc%9a_01

研修修了証授与式

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e9%83%a8%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%bf%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bf%ae%e4%ba%86%e6%9b%b8%e6%8e%88%e4%b8%8e%e5%bc%8f_01

一時救命処置研修について

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bd%81%ef%bd%83%ef%bd%8c%ef%bd%93%e9%a2%a8%e6%99%af2_01当院ではBLS(Basik Life Support 一次救命処置)の認定を得た看護師が全職員を対象に毎月講習会を実施しています。実際に実技と筆記テストを行い、心肺蘇生法が迅速かつ正確に出来るように力を入れています。事務、コメディカルとともに看護補助者もAEDが使用できるよう研修を受講して経験を積んでいます。

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bd%81%ef%bd%83%ef%bd%8c%ef%bd%93%e9%a2%a8%e6%99%af3_01BLSの研修で合格したスタッフには、合格証のマークが与えられます。BLS合格者は、ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support 二次救命処置)研修を受講して、より高度な救命蘇生が速やかにできるような体制になっています。現在4名の看護師、(うち2名はACLS研修認定に合格)がBLSの指導者として認定を受け活動しています。

宮川病院看護部キャリア開発連動図

03_about_career_new