一般病棟

一般病棟の特徴

%e4%b8%80%e8%88%ac%e7%97%85%e6%a3%9f内科(循環器内科、呼吸器内科、内分泌内科等々の内科全般)外科(消化器外科、内視鏡検査と手術等々を中心とした外科全般)と整形外科(リュウマチ疾患、大腿部頸部骨折・脊髄圧迫骨折等々をはじめとする外傷および整形外科全般)を中心に入院治療と看護、リハビリテーションを行っています。

専門性の高い医療の提供がすることを第一に、当院の特殊性(緩和ケア・包括ケア病棟の併設と訪問診療)を活かした急性期から在宅医療と終末期医療までを統括した病棟として活動的な医療を心がけています。
患者さんの人生にしっかりと関わり、共に歩んでいける病棟であり続けたいと思います。

  • ・看護体制:7:1
  • ・病床数:73床

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟の特徴

%e7%b7%a9%e5%92%8c%e3%82%b1%e3%82%a2%e7%97%85%e6%a3%9f2緩和ケア病棟陽だまりは、施設の最上階にあり、木目調の「温もりある空間」の中で、スタッフ一同「心温まるケア」の提供をモットー取り組んでいます。私達看護スタッフは、患者さんが自分らしく心穏やかに過ごしていただけるよう、患者さんやご家族との「対話」の時間をじっくり持ち、心や思いに寄り添うことが一番大切なケアであると考えています。

また、様々な専門的医療スタッフと協力・協働し、患者さんの「つらさ」をできる限り和らげる方法を考え、一人ひとりに個別的なケアが提供できるよう、チームで患者さまやご家族の支援に取り組んでいます。

緩和ケア病棟では、ウッドデッキで季節花や野菜を育て、季節のイベントやアロマセラピーを取り入れ、患者さんとご家族に季節を感じて穏やかに過ごして頂けるよう心がけています。また、私達スタッフもそうした環境に癒され、互いの「心と体のゆとり」をもつこと大切にすることで、気持ちの良いケアにつなげていきたいと思います。

  • ・看護体制:7:1
  • ・病床数:11床

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟の特徴

%e7%b7%a9%e5%92%8c%e3%82%b1%e3%82%a2%e7%97%85%e6%a3%9f3急性期治療が終了し、すぐに在宅や施設に移行するには不安がある患者さんを対象に、在宅復帰に向けた療養生活の継続とともに、十分なリハビリを行い、安心して在宅に帰るための準備を行う病棟です。
高齢者の増加、価値観の多様化に伴い、病気があっても可能な限り住み慣れた場所で自分らしく過ごす、「生活の質=QOL」を重視する医療が求められています。
当病棟では、個々の患者さんに応じた在宅生活を想定し、専従のリハビリテーションスタッフと協働しながら、ほぼ全員に毎日リハビリを行っています。
各科のカンファレンス、退院前多職種ケアカンファレンスの開催など、様々な職種としてケアマネジャーや地域包括支援センター、福祉用具の業者などと密に連携を図り、
在宅復帰に向けた退院支援・調整を行っています。
入院期間は患者さんの状態により変動しますが、
平均在院日数は40日程度、入院期間は最大60日を限度としております。
しっかりした治療やリハビリテーションを行い、円滑に在宅復帰していただけること前提にスタッフ一同が患者さんを支援しています。
また、患者さんやご家族一人一人の思いを大切に、不安なく住み慣れた地域に戻れるよう環境を整え、元気に退院される姿に感動し、笑顔を絶やさず、心に寄り添った看護を目指しています。

  • ・看護体制:13:1
  • ・病床数:28床

地域連携室

地域連携室の特徴

%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e9%80%a3%e6%90%ba%e5%ae%a4_%e5%b7%ae%e6%9b%bf%e3%81%88連携室は、地域との連携業務だけではなく、総合医療相談窓口業務も担っております。
通常ですと、連携室で地域からの依頼を受け、相談室で相談を行い、二部署で連携していると思いますが、当院は、全て一部署で行う為、始めから関わることができる幅広い業務が特徴的です。
院外連携の業務内容は、紹介・逆紹介依頼の対応や医療相談、事の次第によっては
患者さんの介入支援を行っています。少ないベッド数ではありますが、月100件の医療相談に対応しています。

また、今年3月より、地域包括ケア病棟をオープンした為、その相談窓口も担っています。ケアマネジャーより、施設入所をさせたい患者さんがいるが、血糖値が安定しない事で入所が出来ないと相談を受け血糖コントロール目的で入院した患者さんがおりました。一般急性期病棟では、入院期間に制限があるため、長期入院が困難と思えるケースも、地域包括ケア病棟が開設された事で可能になりました。

その他に、「川崎市あんしん見守り一時入院」や、セカンドオピニオンの窓口業務があります。院内連携における連携室業務は、平均在院日数の適正化を図る為、効率的な退院支援が求められており、その協議する場として「地域医療連携委員会」を開催し、また各病棟の内科・外科カンファレンスに出席しております。
地域との連携や院内の連携無くして、連携室の業務が成り立たないといっても過言ではなく、だからこそ私たちは大変大切にしております。
連携室は、これからも地域や患者さん・ご家族の窓口として、笑顔での対応を心がけております。