宮川病院看護部では様々な分野の認定看護師が働いています。
患者さんに安心していただける安全な医療を提供するため、感染対策(ICT)、栄養サポート(NST)、、褥瘡)対策、緩和ケアの専門チームの一員としてスペシャリストの看護師が日々活躍をしています。

感染管理認定看護師

as師長 足立 輝代

感染管理認定看護師の資格を取得し2012年に発足した感染制御チーム(Infection control team : ICT)に所属しながら、感染管理の専従者として勤務しています。院内で確認された感染症の動向を調査し、医療行為によって発生してしまう感染症を監視し、病院に出入りする全ての人を感染から守るための組織づくりや職員教育が主な業務です。年間を通じて、看護部のみならず、全職員または部門対象の感染予防研修を企画し、求められる基本的な感染防止技術が習得できるように指導しています。さらに院内をラウンドし、感染予防について問題が潜んでいないか確認しながら改善へ向けて現場が動けるように働きかけています。また、院外における教育講演を依頼される事もあり、地域の関心の高さに合わせて活動の場が広がってきています。委託業者も含めて全部署に組織横断的に関わる仕事であり、コミュニケーション能力を駆使して良好な関係を築かなければ役割を果たすことは難しく、苦慮する場面もあります。しかし、与えられた職務を通じて自己成長できる事は大きな喜びであり、今日よりも明日の自分が“安全な医療の提供”へ貢献するという意欲をもって日々邁進していきたいと思っています。

緩和ケア認定看護師

%e7%b7%a9%e5%92%8c%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e7%89%87%e5%b1%b1%e5%b8%ab%e9%95%b7_01師長 片山 桃子

当緩和ケア病棟では、患者さんがご自分らしく、ご家族と大切な時間を心穏やかに過ごすことができるようサポートしています。患者さんとご家族が大切に思うことを私たちチームスタッフも大切に考えています。そのために、「対話」する時間をじっくり持ち、心や思いに寄り添うことが大切なケアと考えています。
患者さんの身体的・精神的な「つらさ」に様々な専門的医療スタッフが共有して、チームで患者さんやご家族の支援に取り組んでいます。
地域との密接な連携とともに、入院前から緩和ケア認定看護師が訪問診療主治医や訪問看護師と恊働して在宅での緩和ケアの相談をさせて頂くとともに、安心して緩和ケア病棟への入院ができるように援助しています。また、状況に応じて患者さんが希望された場合は、緩和ケア病棟から不安なく在宅での療養生活ができる支援を地域の医療機関スタッフとともに行っています。

当緩和ケア病棟では、ウッドデッキで患者さんと一緒に季節の花や野菜を育て、春夏秋冬の移りゆく季節を感じていただく病棟の飾り付けやクリスマスなど季節のイベントを開催し、患者さんとご家族の思い出つくりなど、ゆっくりと感じて過ごして頂けるようこころがけています。またアロマテラピーやアロママッサージを取り入れたリラクゼーションも行っています。
入院生活でご家族やペットなども含め、毎日の生活を気持ちよく過ごしていただけるような関わりをしています。
大切な方を亡くされたご家族への心のケアもその後の継続看護と考え、ご家族のお気持ちを尊重しつつ、ともに歩むことを大切にしています。

緩和ケア認定看護師

%e7%b7%a9%e5%92%8c%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e8%8f%85%e9%87%8e%e4%b8%bb%e4%bb%bb_01師長 菅野 裕子

緩和ケアとは、がんと診断された早期から患者さんの心身に対する問題や、患者さんを支えるご家族が抱える苦悩に対して、生活を維持できるように支援するケアを意味します。その中でも私達は、患者さん・ご家族が今まで歩んできた人生や闘病生活の背景を十分に捉えながら、「その人らしさ」を保てるようにケアをしていく事を大切に考えています。緩和ケア認定看護師は、患者さん・ご家族の願いや思いに寄り添いながら、あたたかみのあるケアがチームで提供できるように看護実践・スタッフ支援を行っています。そして、病棟スタッフと共に患者さん・ご家族の思いを汲み取り支えるには、自分たちはどのようなケアを提供していく事が必要なのかを常に考え、その人らしさを大切にした看護の提供を目指しています。そして、患者さん・ご家族を支えるためのアプローチとして他職種と協働しチーム医療が提供できるように活動しています。
また、緩和ケア病棟だけでなく、外来や院内に入院しているがん患者さんにも対応できるように院内ラウンドを行い、がん患者さんと携わるスタッフへの支援も行っています。また、緩和ケア病棟への入院相談を受け、入院前に行う緩和ケア初診外来に医師と同席し来院される患者さん・ご家族の抱える問題に取り組めるようにしています。さらに、地域との連携を図るために、訪問診療・看護へ同行し在宅からの緩和ケアを提供できるように関わっています。